B型男性の性格と恋愛傾向|好き&苦手な女性のタイプや脈ありサインって?

B型男性というと「マイペースな自由人」という印象が強いと思いますが、実際のところどんな性格?B型男性の性格特徴や恋愛傾向、各血液型との相性などを解説していきます。さらに、脈ありサインや効果的なアプローチ方法、好き・苦手な女性のタイプも大公開!好きな人がB型男性という女性の方は参考にしてみてくださいね。

B型男性の性格特徴10個

1.超マイペースな自由人

マイペースはB型の代名詞。B型男性はもちろん超マイペースでとっても自由人です。基本的に気分で動きます。予定のない休日、前もって自分で計画的に動く日もありますが、特に何も決めず気の向くまま行動することも。一貫性がないように見えますが、計画を立てるのも気分、その日暮らしも気分なのです。

B型男性を誘っても、「まだ予定がわからないから」と断られるケースがあります。誘いに魅力を感じないと、「他にもっと面白いことがあるかも」と考え、返事を先延ばしにするのはB型男性あるあるです。

2.好きなことには一直線

超マイペースで適当な性格のようで、好きなことには一途で一直線なのが、B型男性の特徴です。凝った趣味を持っている率が高く、趣味のために働いたり時間調整したりします。B型男性は優先順位が明確です。

好きなことには素晴らしい集中力を発揮。とことん追求します。仕事が趣味なB型男性は、高いスキルで大きな評価を得ることも。好きなことは自発的にどんどん取り組み、放っておいても上達し、秀でた才能を見せてくれるでしょう。

3.嫌いなことはやりたくない

好きなことには一直線ですが、嫌いなことは可能な限りやらずに済む方法を考えます。掃除に興味がないと、机の上に埃が溜まっていても気にしません。B型男性は「やらなければ死ぬ(激しい損失がある)」とでも思わない限り、嫌いなことに手を付けません。

しかし、「嫌いなことはやりたくない」という性格は、仕事ではプラスにも働きます。やりたくないから合理性や効率を考え、周囲がビックリするようなアイディアを思いつくケースがあるのです。もちろん、マイナスにも働きます。やりたくないから後回しし、結局納期ギリギリセーフ、もしくはアウトというのも、B型男性に良く起こる現象です。

4.乗せやすいお調子者

B型男性はノリが良い性格をしています。明るくて単純明快なので、とっても乗せやすいのが特徴です。誉め言葉やおだてに弱く、持ち上げると簡単に喜ぶお調子者。マイペースで時には自分勝手と思われるキャラなのに、陽気なお調子者なので憎まれません。同じミスでも大目に見てもらえることも多く、得な性格をしています。

しかし、お調子者の性格は、時にB型男性を危機に陥れます。持ち上げられるままに深く考えず引き受けてしまい、大きな苦労を背負ってしまうのです。持ち前の明るさと人懐っこさで、周囲に頼りながら切り抜けては、周囲を「またやってる」「懲りないな」と、呆れさせます。

5.ポジティブ思考の楽観主義者

「なんとかなるさ」「きっと大丈夫」と、ポジティブ思考で楽観主義者です。見切り発車をして失敗することもありますが、先の心配をして心を病むリスクはかなり低くなります。問題にぶつかっても悲観せず、前向きに解決の道を探し、簡単には諦めません。

B型男性の楽観的な性格は、人によっては「無責任」「何も考えていない」と理解が難しいかもしれません。慎重なタイプは、B型男性を無謀に感じるでしょう。しかし、これはB型男性の紛れもない長所です。基本的にポジティブで楽観的なので、強く健全な精神を保てます。

6.仕事には慎重で真面目

自由人で適当なB型男性ですが、仕事には慎重かつ真面目に取り組みます。「適当にやったら返って二度手間だ」と考え、合理的で効率を重視する性格が、大いに活かされているのです。

ただし、仕事が趣味のタイプは、強いこだわりを見せて少々扱いにくくなります。真面目に取り組みますが妥協もできないため、一緒に働く仲間は大変な目に遭います。また、こだわりが暴走すると、納期や締め切りが二の次になるので注意が必要です。

7.人好きで寂しがり屋

人が好きで、自分から積極的に話しかけます。自分の話をするのも、人の話を聞くのも好きです。また、B型男性はマイペースで1人フラフラと気ままに行動しますが、決して一匹狼ではありません。むしろ寂しがり屋で、孤独に弱いのが特徴です。気心の知れた仲間といつでも楽しい時間を過ごせる前提があってこそ、B型男性は自分の時間を楽しめるのです。

しかし、常に同じ仲間で固まり、流動性がなく個人行動に厳しい集団は苦手です。寂しがり屋なのに、自分の行動が激しく規制されるような人間関係は苦痛に感じます。

8.意外と優柔不断

気分で迷わず即決するように見えて、意外と優柔不断です。答えが明確なら迷いませんが、そうではない場合はギリギリまで悩みます。例えば、大きな買い物は自分が納得するまで情報収集し、「これぞ!」と思わなければ決断しません。また、小さなことでも猶予があると、決断を後回しにすることも多いです。

マイペースで優柔不断なB型男性は、人を待たせるシーンがとても多くなります。待たせることにあまり罪悪感がなく、気軽に相手を待たせる罪な男です。

9.こだわりが強く頑固な一面あり

自由をこよなく愛し、自分の自由も他人の自由も尊重する大らかなB型男性ですが、強いこだわりを見せることがあります。好きなこと、得意なことはなかなか譲れず、自分の意見を押し通そうとするのです。こだわらない部分は「どっちでもいいいよ」と相手に任せますが、こだわる部分は頑固一徹!譲る気がさらさらありません。

普段は機嫌良く楽観的なので、B型男性のこだわりをぶつけられると驚くでしょう。B型男性は「どうでも良いこと」「こだわること」の落差が非常に大きいのです。

10.しばしば行方不明になる

「一緒に行動しているはずなのに、振り返るといなくなっていた…」と、周囲をときどき唖然とさせるのがB型男性。興味が惹かれるものを見つけると、気の向くままフラフラっと引き寄せられてしまいます。そのため、しばしば行方不明になるのです。突然音信不通になるケースも少なくありません。

皆から離れるなら、一言相手に伝えれば済む話ですよね。多忙で連絡する暇がなくなったのなら、短いメッセージを入れれば相手は安心します。しかし、それをしないのがB型男性です。仕事は別として、プライベートでは自分の気分を優先。「自分勝手に行動したら、周囲が困るだろう」「心配するだろう」ではなく、「何かあったときに連絡すればいいや」と考えます。

B型男性の恋愛傾向10個

1.恋愛もマイペースで流されない

B型男性は恋愛でもマイペース。自分の気持ちを優先します。女性から好意を寄せられればうれしいですが、付き合うかどうかは別問題。相手に好意がなければ、告白されても断るケースが多いです。「とりあえず付き合う」という発想はありません。好きでもない女性に時間を使うのが面倒なのでしょう。

人から「お似合い」「すごく素敵な女性」とすすめられても、自分がそう思わなければ断ります。相手の努力の末に好きになることもありますが、B型男性の恋愛は、自分から好きになって始まるのがスタンダードです。

2.好きになると積極的

好きじゃない女性には流されませんが、自分が好きになると積極的にアプローチします。気になる女性には自分から話しかけ、仲良くなるとデートに誘います。シャイなところがあるため、皆の前で口説いたりはしませんが、2人きりのときやLINEなどで、相手の女性に伝わるように好意を表すのが特徴です。

しかし、女友達にも似たような接し方をするので、誤解されやすいのが難点。B型男性は仲間として接しているのに、相手の女性が勘違いするケースがあります。

3.外見がタイプの女性に弱い

外見がタイプの女性には滅法弱いのがB型男性。内面の好みは別として、ドストライクの外見の女性には、ついつい甘くなってしまいます。何かを頼まれれば喜んで引き受け、約束を破られても怒りません。「かわいいから許す!」の心理です。

しかし、外見がタイプの女性と相性が良いかは別の話。全てを許せるのは、交際していないから。生粋の自由人なので、いくら外見が好みのタイプでも、永遠に相手に合わせるのは不可能です。相性が悪ければ、かなり早いタイミングで目の保養のポジションに切り替えます。

4.デートではサービス精神旺盛

B型男性は楽しいことが大好き。デートではサービス精神旺盛で、相手の女性を楽しませようと一生懸命です。と言っても、女性に一方的に気を使ったり尽くしたりするのではなく、2人で楽しもうとするのが特徴。女性の様子を見ながら、自分の得意分野に引き込みます。

自由人なので、女性が興味を示さないならば、無理に付き合わせようとはしません。しかし、自分が好きな場所や好きなことに女性が興味を持って楽しんでくれると、嬉しくなってテンションが上がります。B型男性は恋愛のドキドキ感よりも、ワクワク感と笑顔のあるデートが好きなのです。

5.過去の恋愛に囚われない

B型男性は来る者は拒んでも去る者は追わず。過去の恋愛には囚われません。もちろん、振られればショックだし悲しいですが、「自分を好きじゃないなら仕方ない」と、早々に割り切ります。しばらくしたら立ち直り、新たな恋愛に前向きな姿勢を見せます。

恋愛でも合理的で、望んでも無駄なことにいつまでも未練を引きずりません。新たに出会った女性とは元カノと比較せず、新鮮な気持ちで向き合います。

6.駆け引きは苦手

合理的で面倒なことが嫌いなB型男性は、駆け引きが苦手です。言葉の裏に真意を隠されても、察するのは困難。相手が我慢して平静を装えば「大丈夫そうだ」と思い、怒って無言を貫けば「話しかけてほしくないのだろう」と、そっとしておくような人です。言葉で言わなければ伝わらないと思った方が良いでしょう。

駆け引きだとわかると、今度は「面倒くさい」と興ざめしてしまいます。好きな女性との駆け引きは、できる限り応えようと頑張りますが、何度もされるのは疲れるのです。「駆け引きするくらいなら、ストレートに言ってくれ」と思っています。

7.ロマンチックな演出も苦手

シャイなのでロマンチックな演出も苦手です。ドラマのような世界観に自分がいると、恥ずかしくてムズムズしてしまいます。愛の言葉をささやいたり、サプライズをしたりすれば彼女が喜ぶとわかっていても、照れてしまってできません。他の方法で喜ばせようとします。

恋愛の演出に凝るB型男性もいるのですが少数派。ロマンチックな演出を期待するのは酷です。どんな形であれ、彼女を喜ばせたいという気持ちが伝わるなら、それで良しとしましょう。

8.束縛が大嫌い

言うまでもありませんが、自由人のB型男性は束縛が大嫌い。「見張られている」「縛られている」と感じると、反射的に逃げ出したくなってしまいます。

たまになら許容できますが、常に強く束縛されると、B型男性は耐えられなくなります。B型男性と長く付き合うには、海のように広い心と、無条件な信頼が必要なのです。

9.デートで別行動になることも…

自由人で合理的なB型男性は、デートでの別行動も当たり前。例えばアウトレットモールのデートでは、「〇時に集合しよう」と、見たいものをそれぞれ自由に見ることを提案する感じです。「一緒に見ると、自分(彼女)が見たいお店を見る時間が減る」という考え方をしています。

人によっては「何のためのデート?」と理解不能でしょう。しかし、「デートだから何が何でもずっと一緒」は、B型男性にとって窮屈なのです。「別行動の何が悪いの?」と本気で思っています。

10.浮気リスクは意外と低い

普段の自由人な姿から、「浮気も自由にするだろう」と誤解されがちですが、B型男性の浮気リスクは意外と低いです。なぜならば、流されないから。彼女のことが大好きで一番大切に思っているなら、浮気を誘われても応じません。バレて彼女と破局する方が嫌だからです。

しかし、彼女に不満が溜まっていると、「バレてもいいか」とやや投げやりな気持ちで浮気するケースもあります。特に彼女の束縛が強いと、その反動で浮気に走りがちです。B型男性が浮気をするのは、お酒で前後不覚状態か、彼女への気持ちがかなり冷めているかのどちらかが多いでしょう。

B型男性が好きな女性のタイプ・苦手な女性のタイプ

好きな女性のタイプ

B型男性は、以下のような女性が好きなタイプです。

・話が合って一緒にいると楽しい
・好奇心旺盛で積極的に楽しもうとする
・自立心が高く自分の世界を持っている
・人の気持ちや考え方を尊重できる

外見がタイプの女性にB型男性は弱いため、好きな女性は見た目から入ります。と言っても、外見が好みなら何でもOKではありません。外見は恋愛対象となる最低ラインであり、内面もかなり重要です。性格の相性が良くなければ、仮に交際できたとしても長続きしません。

とにかく、一緒にいて楽しい女性が好みです。気を遣わず話題が尽きないような女性とは、「また会いたい」と思います。B型男性はサービス精神旺盛で、好きな女性を楽しませようと張り切るのが特徴ですが、好奇心旺盛で自分の提案に乗っかって、ノリ良く楽しんでくれる女性には手ごたえを感じるため、強い好感を持ちます。

しかし、一方的に楽しませるだけでは満足できないのがB型男性です。どんなに可愛くても、いつも受け身な女性だと物足りません。自分の世界をしっかり持ち、主張もできる女性の方が、良い刺激をもらえるので好みです。また、見え見えのお世辞や、やり過ぎの気遣いは、返ってB型男性には窮屈に感じます。ごく自然に相手を尊重できる女性には魅力を感じるのです。

苦手な女性のタイプ

B型男性は、以下のような女性が苦手なタイプです。

・繊細で傷つきやすい
・自分を抑えがちで何を考えているかわからない
・ズカズカとプライベートに踏み込んでくる
・人に依存しやすい

「構ってちゃん」「察してちゃん」は苦手です。鈍感な自覚があり、言葉で意思表示できない女性は気持ちが見えず、どう接したら良いのかわかりません。常に気を使わなければならず、面倒くさいと感じてしまいます。無言の訴えをされるくらいなら、正面から言葉をぶつけられた方がマシなのです。

かと言って、何でもズバッと言葉を発し、他人のプライベートにズカズカと踏み込んでくる女性はもっと苦手です。自分の領域を大切にするB型男性は、マイペースな分相手のペースを乱さない気遣いをします。そのため、許可もなく順序も立てずに、「正直が美徳」「私は天然」と、グイグイ距離を詰められるのを嫌がります。

また、当てにされるのも嫌いです。頼まれれば協力はしますが、「あなたがいないと何もできない」「仲良くなったらずっと一緒にいたい」「離れていると不安」など、依存が強くなると逃げ出すのがB型男性です。

B型男性の脈ありサイン・脈なしサイン

脈ありサイン

B型男性の脈ありサインには、以下のような特徴があります。

・自分から話しかけてくる
・LINEなどマメに連絡をくれる
・ときどき自慢が入る
・わかりやすくデートの誘いがある

興味の対象に積極的な態度は、恋愛も例外ではありません。気になる女性には真っ直ぐに興味を示し、自分からアクションを起こすので、脈ありサインはとてもわかりやすいです。特に、LINEなどの連絡をマメにくれるなら、あなたに好意がある証拠。面倒くさがり屋のB型男性は、好きな女性でもないかぎり、自らマメな連絡などしません。

また、好きな女性の前では饒舌になりますが、その中にチョイチョイ自慢話を入れてしまうのも、B型男性ならではの脈ありサインです。「好きな人に良いところを見せたい!」という心理が、自慢をさせてしまいます。ニコニコ聞いて誉めてあげると、有頂天になってくれるでしょう。

わかりやすいデートの誘いも脈ありサインです。ただし、友達だと思って誘うケースもあるため、デートの際は会話の内容に注目です。デート中あなたへの質問が多かったり、恋愛話をしたりするなら、脈ありサインと見て間違いありません。

脈なしサイン

B型男性の脈なしサインには、以下のような特徴があります。

・会話が弾まない
・LINEがそっけない、あるいは既読スルー
・相手から近づいてこない

興味がない対象には見向きもしないので、脈ありサインもとてもわかりやすくなります。仲間としての付き合いはしてくれますが、1対1で相手から好意を見せられると、面倒なので適当な対応しかしてくれません。好き避けをするB型男性はほぼいないので、「避けられてるかも」と思うなら、脈なしサインです。

LINEでも脈なしサインは顕著に表れます。話を広げる気がないため、回答が必要なメッセージでは、返信はそっけなく短いでしょう。スタンプだけでも返してくれればまだマシで、既読スルーの場合もあります。ただし、単なる筆不精の可能性もあるため「会うと盛り上がるのにLINEだと冷たい」という場合は、総合的な判断が必要です。

とにかく、B型男性は脈なしの女性には自ら近づきません。やり方次第では、脈なしから脈ありになる希望はありますが、反応が冷たいなら、一度引き下がった方が賢明でしょう。

B型男性に効果的なアプローチ法

B型男性に効果的なアプローチを、以下にまとめました。

・外見を相手の好みに合わせる
・質問上手聞き上手で饒舌にさせる
・相手の趣味や特技の話題に触れ自分も知識を増やす
・適度に褒めて調子に乗せる
・気軽に食事や飲みに誘い親密度アップ
・LINEなどの連絡頻度はほどほどに

第一関門として、外見をクリアする必要があります。好きな人を観察し、ファッションや髪型を相手の好みにできるだけ合わせましょう。B型男性は単純なので、外見を好みのタイプに合わせるだけで、あなたの注目度が高まります。

B型男性は楽しい雰囲気が大好きなので、会話も重要です。上手に質問しながら聞き役に徹し、B型男性を饒舌にさせましょう。特に趣味や特技の話題は、喜んで話してくれるのでおすすめです。聞くだけではなく、相手の好みに合わせて情報収集したり勉強したりしましょう。深い話ができるようになれば、B型男性にとって貴重な存在になれます。

会話を通じて親しくなったら、いよいよ恋愛のアプローチです。適度に褒めてB型男性の気分を良くしたところで、デートに誘いましょう。改まった感じではなく「今度ご飯行こうよ」など、気軽な誘い方が良いでしょう。急に恋愛モードに入らず、デートを楽しむことがポイントです。

尚、仲良くなってもLINEや電話などの連絡頻度には気を付けましょう。嬉しくなって連絡過多になると、B型男性は面倒くさくなってしまいます。相手の返信速度に合わせながら、ちょっと物足りなさを感じさせる程度が丁度良いでしょう。

血液型別!B型男性との相性

B型男性×A型女性

真面目な優等生のA型女性にとって、自由奔放なB型男性は魅力的に映ります。しかし、B型男性の自由なところに惹かれているのに、いざ距離が縮まると、あまりのマイペースさにストレスを溜めるのがA型女性です。B型男性は相手の自由も尊重しますが、A型女性にとっては「放置されている…」と、寂しく感じてしまいます。そのため、B型男性とA型女性の相性は、あまり良くありません。

お互いに違う部分が多いため、すれ違いは起こりやすいでしょう。お互いの常識を押し付け合うと喧嘩別れになりますし、かと言ってどちらかが一方的に合わせるとパンクしてしまいます。足りない部分を補い合えば良い関係を築けますが、それには時間をかけてじっくりお互いを知ることが必要です。

B型男性×B型女性

お互いが自由人で、譲るところ、気を使うところが同じなので、居心地の良い関係を築けます。マイペースな行動も、B型同士なら自然と理解できるので、相性はバッチリ!お互い好きに行動しつつ刺激を与え合う、楽しい付き合いができるでしょう。

ただし、自由を尊重し過ぎると、シャボン玉のようにどちらもフワフワと好き勝手にどこかへ行って今います。その先で別々に興味を見つけ、いつの間にか自然消滅してしまことも…。B型男性とB型女性は自由で快適な関係だからこそ、お互い意識して連絡を取り合ったり、定期的にデートをしたりするのが、末永く交際するポイントとなります。

B型男性×O型女性

良い意味で大雑把でストレートなO型女性は、B型男性にとって非常にわかりやすく付き合いやすい相手です。自由奔放なB型男性を、O型女性は大らかに面白がりながら見守ってくれるため、良い相性となります。ときどき衝突はありますが、お互い不満を溜めずに問題が小さな内に伝え合うので、致命的な喧嘩にはなりません。

外から見ると、好き勝手するB型男性に、O型女性が振り回されているように見えるかもしれません。しかし、締めるところはキッチリ締めるのがO型女性。実はB型男性はO型女性の手のひらで、気分良く転がされている…そんな関係になります。

B型男性×AB型女性

A型とB型、両方の気質を持っているAB型女性は、大胆な一面を持ちつつ、繊細で心配性でもあり、B型男性にはミステリアスで興味を惹かれる存在です。また、AB型女性にとって、B型男性のマイペースさやお気楽な性格は、羨ましく憧れの対象となります。きっかけがあると、一気に惹かれ合うでしょう。

しかし、いざ交際が始まると、AB型女性が一方的に苦労するケースに陥りがち。B型男性の自由度の高さは想定以上で、AB型女性には心配事が増えます。しかし、それをストレートに伝えられません。また、AB型女性が好むロマンチックな雰囲気を、照れ屋なB型男性はなかなか演出できず、不満の種となります。2人が仲良く付き合い続けるには、B型男性が意識的に気を配り、AB型女性は自分の気持ちを言葉で伝えるなど、お互いの努力が必要です。

B型男性は自由人だけど根は優しい♡

自由人のB型男性は、自分勝手のように見えますが、実は自分なりの気遣いをしています。「気遣いを感じさせないのも気遣い」と考えるのがB型男性。根はとっても優しいのです。ときどきマイペース過ぎて困りますが、「B型だから仕方なし」と割り切って許容すれば、快適な関係を築けるでしょう。

最終更新日:2022年5月17日