蠍座(さそり座)の性格は?10の特徴・トリセツ・恋愛観・男女別解説

12星座占いで蠍座(さそり座)の人はどんな性格?10/24〜11/22生まれの蠍座は、集中力と忍耐力に長ける優等生タイプ!一見すると自己主張は弱めですが、実は根が情熱的。そんな蠍座の特徴や恋愛傾向、結婚観などを深掘りしていきます。男女別のトリセツやアプローチ方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

蠍座データ

蠍座の性格特徴

1.真面目で一生懸命

とても真面目な性格をしている蠍座は、何事にも一生懸命取り組む優等生タイプ。「やるべきことはきっちりやる」「ルールは守る」と、几帳面に規律を守りマナーを大切にしています。いい加減な自分は許せない性格なので、周囲が適当にしていても流されず、黙々と取り組むことができます。

流されはしませんが、周囲がいい加減だと蠍座は「なぜきちんとできないのか」とストレスを溜めていきます。自分の価値感を押し付けないので衝突は起こりませんが、理解できない相手は静かに距離をとるのが特徴です。同じ価値観の人に囲まれた環境の方が、快適に過ごせるでしょう。

2.努力家で忍耐強い

蠍座は超努力家。自分の目標や与えられた役目を達成すべく、コツコツと地道に努力を重ねます。サボって能力が足りない状況が許せないのです。また、非常に忍耐強く、過酷な状況でも耐え抜いてしまいます。

ブラックな職場やワンオペ育児など、すべてを1人で背負って頑張るため、突然倒れるリスクは高いです。精神力も体力も強靭なので、ギリギリまで動いてしまいます。蠍座は甘え下手で、弱音を吐いてSOSを出したり、人を頼ったりするのが極端に苦手なのです。

3.控え目で謙虚

真面目で努力家の蠍座は、自分の能力を磨き上げるため、とても優秀な人が多いです。しかし、謙虚な性格をしており、実力をひけらかしません。控え目なので自ら前に出ることも少なく、後ろからそっと皆を支える縁の下の力持ち的な存在になります。

チーム内に蠍座がいると、細やかな気遣いと手厚いサポートをしてくれるため、とても力強いです。周囲は蠍座の存在感を大きく感じるため、自分から主張がなくても、自然と頼りにされます。

4.責任感が強い

蠍座は控え目で本来は目立つのが好きではありませんが、頼りにされて自然とリーダー的な存在になることも少なくありません。責任感がとても強いので、求められると期待に応えるべく精一杯頑張ります。そして、更に周囲から厚い信頼を置かれます。

責任感の強さは蠍座の長所ですが、真面目なので自分の首を絞める原因になり兼ねず、注意が必要です。「責任を持って最高の結果を残さなければ」と寝る間も惜しんで打ち込んだり、ミスが起こった際に自分を激しく責めたりして、自分を不必要に追い込んでしまいます。

5.集中力が高く熱中するタイプ

蠍座には素晴らしい集中力があります。「やるぞ!」とスイッチが入ると、周囲の音が耳に入らないくらい、高い集中力を発揮するのです。好きなことほど熱中し、時間を忘れて没頭します。仕事や勉強でも、蠍座の高い集中力は大きくプラスに働き、素晴らしい成果を出すでしょう。

しかし、集中力が高い分、マルチタスクはやや苦手です。例えば、子供の遊び相手をしながら同時に家事を進めたり、接客と調理、会計を全て1人で行ったりなど、真面目な努力家なのでやり遂げますが、とても大きな負担になります。

6.探求心が強く中途半端が嫌い

真面目な蠍座は、「とりあえずこの辺で終わらせる」「わからないから適当にやり過ごす」など、中途半端な状態が嫌いです。探求心が強く、小さな疑問や矛盾を見過ごせず、「どうなっているのか」を追求する傾向が人よりも強くなります。だからこそ、何事も高い完成度を保てるのでしょう。

困るのは、自分以外が中途半端だと気になってしまう点です。上に立つ人が中途半端の場合、適切にアシスタントするので可愛がられますが、部下や後輩など自分より立場が下の人が中途半端だと、良かれと思ってクドクドとアドバイスしたり、厳しすぎる指導をしたりしてしまい、煙たがられてしまいます。

7.変化よりも安定を求める

1つのことを突き詰めたい蠍座は、環境や状況の変化が苦手です。努力家なので順応するよう頑張りますが、本来は同じ環境でじっくり取り組むのが向いています。波乱万丈の人生よりも、安定感のある平和で穏やかな毎日を送りたいタイプです。

人間関係も同じです。あちこちにネットワークを広げるよりも、心を許し合える仲間と末永く付き合うのが好きなのが蠍座。人間関係も趣味も仕事も、始めると飽きることなく長続きします。

8.秘密主義でミステリアス

蠍座は秘密主義で、自分のことをあまり口にしません。会話では聞き手に回ることが多く、質問があれば答えますが、ベラベラと自分の個人情報をダダ洩れさせるようなことはありません。相手を良く知ってから自分を少しずつ見せていくので、ミステリアスな印象があるでしょう。

また、口がとても堅く、他人の秘密も守ります。秘密厳守の蠍座は、仕事でもプライベートでも信頼が厚く、相談相手に選ばれることも多いです。

9.意外と世渡り上手

人間関係では空気を読み、相手に合わせた対応をとろうとします。そのため、蠍座は真面目ですが意外と世渡り上手。自分の価値感を無意味に押し付けず、バランス感覚が良く、集団に馴染むのが特徴です。

真面目できっちりした性格なので、相手によっては合わせることに強いストレスを感じますが、忍耐力があるため表面上は問題なくやり過ごします。蠍座は求められたところへピンポイントにアシストできるので、どこへ行っても重宝される存在です。

10.プライドが高く扱いにくい一面あり

「どんな目標も達成してみせる」「どんな相手にも対応してみせる」という志の高さは、蠍座のプライドの高さと比例しています。自分にどこまでも厳しいのは、プライドが高く「ダメな自分が許せない」「周囲から高い評価を得たい」という思いが強いからです。

プライドが高いので、侮辱や否定に敏感です。自分の行動や成果を軽んじられたり、理不尽にケチをつけられたりすると、大きな怒りを感じます。爆発してぶつけることは稀ですが、静かに相手に見切りをつけ、冷たく拒否を始めます。1つの失言が関係を壊しかねないので、取り扱いには注意が必要です。

蠍座男性の特徴・トリセツ

蠍座の男性には、以下のような特徴があります。

・努力している姿を外に出さない
・自分に厳しく理性的
・虎視眈々と成功のチャンスを狙う
・バランス感覚に優れ人間関係は良好
・プライドが高く侮辱に敏感

蠍座の男性は努力家ですが、少々見栄っ張りなので頑張る姿を外に出しません。周囲には我武者羅な自分ではなく、スマートな姿を見せたい思いが強く、常に理性的でクールな印象があります。しかし、実は虎視眈々とチャンスを狙う野心家です。向上心がとても高く、自分を高めたい、高い立場に立ちたいという思いが強くなります。

そんな本心はおくびにも出さず、人間関係は良好です。敵を作らず、味方を増やしていく策略家でもあります。プライドが高いので、自分を侮辱したり粗末に扱ったりする人を、容赦なく切り捨てる冷酷さもあります。蠍座の男性は敵に回すと恐いタイプです。

蠍座女性の特徴・トリセツ

蠍座の女性には、以下のような特徴があります。

・謙虚で人を立てるのが上手
・精神力が強くたくましい
・完璧主義で自分に厳しい
・義理人情に厚く愛情深い
・魔性的な魅力あり

気遣いが細やかで、上品な女性が多いです。謙虚な態度は多くの人から好感を持たれます。愛情深く母性も強く、たくましい精神力の持ち主で、支えられるより支えるシーンが多いです。

蠍座の女性も志が高く、完璧主義で自分に厳しく妥協をしません。しかし、人当たりは柔らかく、内に秘めた厳しさになります。親しくなる前と後では印象が変わり、ギャップがあるのも魅力。奥が深く魔性的、それが蠍座の女性といえるでしょう。

蠍座の恋愛傾向

1.自分からのアプローチが苦手な受け身体質

控え目な蠍座は、恋愛でも自分からのアプローチが苦手です。好きな人がいても、なかなかストレートに好意を示せません。もちろん、相手を好きな気持ちは表情や言動に表れますが、秘密主義なので非常にわかりづらいです。相手は人としての好意なのか、恋愛感情なのか、判断が難しいでしょう。

そんな蠍座は、好きな人の友達の立ち位置でいるのが精一杯の受け身体質。多くは相手からのアプローチがきっかけで恋愛が始まります。

2.一途で愛情深い

とても愛情深く、交際が始まると一途に尽くしてくれます。恋人を優先し、会うためなら仕事やプライベートの都合を一生懸命調整し、相手に合わせた恋愛をするのが特徴です。恋愛中は趣味や友達と過ごす時間が減る傾向があります。

恋人の要求にはできる限り応えたいと思うのが蠍座です。相手の喜ぶ顔が自分の幸せなのです。多少無理なことでも頑張って応えてくれますが、だからこそ蠍座の恋人は負担をかけないように気を付けなければなりません。

3.独占欲が強く束縛傾向あり

一途な分、独占欲も強くなります。恋人が自分以外の異性に目を向けると、静かに嫉妬心を燃やすのが蠍座です。感情的には怒りませんが、不機嫌になってしまいます。「どうしたの?」と聞いても、怒りの原因をなかなか教えてくれません。

また、束縛傾向もあります。「休日は絶対デート!」「予定は全て教えて!」という極端さはありませんが、恋人が自分を優先してくれないと、「なぜ自分はこんなに尽くしているのに、あなたは自分を優先しないの?」と悲しみの態度でプレッシャーをかけてくるでしょう。

4.自己表現が苦手な自己完結型

一身に愛してくれる蠍座ですが、交際後も自分の気持ちを表現するのは苦手です。楽しさや嬉しさは示してくれますが、不安や不満はなかなか口にしません。何も言わず、ある日突然爆発してしまうことも…。

また、恋人に確認もせず「もう気持ちが冷めたのでは?」「自分は重い恋人なのでは?」と不安を膨らませ、「別れた方が恋人のため」と自己完結してしまうケースがあるので注意が必要です。蠍座の恋人は、常日頃から会話のコミュニケーションを大切にした方が良いでしょう。

5.浮気リスクは低い

蠍座は一途で一生懸命。しかも曲がったことが大嫌いなド真面目さん。浮気リスクは限りなく低いです。恋人いる状態で別の人からアプローチされても、一切取り合いません。恋人を裏切るなど、あってはならないことなのです。

浮気リスクが低い分、恋人の浮気には狭量です。蠍座に浮気がバレたら、修羅場は必須でしょう。「好きだから」と別れない代わりに大きな罰を与えるか、もしくは「浮気、無理」とバッサリ切り捨てるかの、両極端な反応が多いです。

蠍座にアプローチするなら

蠍座は受け身なので、あなたから積極的にアプローチするのが有効です。ただし、シャイなので場の空気を読み、相手の気持ちを配慮しながら思いやりを持って接するのが重要。積極的を通り越した強引なアプローチは逆効果になります。

また、蠍座は規律を守りマナーを重んじるので、あなたもそれに倣うのがポイントです。周囲の人には礼儀正しく丁寧に接すると、蠍座に良い印象を与えられます。

積極的に関わりながら徐々に距離を縮め、反応が良ければデートに誘いましょう。相手を喜ばせようと情報収集して計画を立て、当日に気遣いや思いやりを見せることで誠意が伝わります。蠍座は意外とロマンチックな演出に弱いので、雰囲気の良いデートスポットに誘うと良いでしょう。焦らず相手のペースに合わせながら口説き、頃合いを見てビシッと告白で決めましょう。

蠍座の結婚観

愛情深い蠍座は、結婚すると家族に献身的に尽くす良きパートナー、良き親となります。パートナーの親や親せきも大切にできる人で、持ち前の気遣いで親戚付き合いもマメにこなすので、評判も良いでしょう。

マルチタスクが苦手な蠍座は、仕事と家事、育児を全て両立するのは難しいかもしれません。共働きの場合は、役割分担しながらお互いを補い合うパートナーシップがポイントとなります。頑張り屋の蠍座に甘えると、倒れてしまうかもしれません。パートナーは意識的に気にかける必要があります。

また、自分の気持ちを口にするのが苦手なので、夫婦でゆっくり話す時間を日常的に作った方が良いでしょう。家庭が愛情に満たされていれば、蠍座は幸福感に包まれながら、家族に尽くしてくれます。

蠍座に向いている仕事

蠍座は真面目に仕事に取り組むので、どこの職場でもそれなりに評価されるでしょう。チームワークを大切にできるので、人間関係も円滑にこなしていきます。

しかし、本来は一点集中型で、1つのことを掘り下げるのが得意です。仕事にプライドを持ち、妥協なく取り組むので、以下のような仕事が向いています。

・医師、弁護士などの専門職
・製薬、IT、機械などの開発、研究職
・デザイナー、設計士など、物を作りだす仕事
・探偵、カウンセラーなど人の悩みを解決する仕事

アシスタントとしても優れていますが、自分の努力が形になる仕事の方が、大きな達成感を得られるでしょう。

真面目で根が情熱的、それが蠍座!

奥ゆかしくも芯は熱いのが蠍座の魅力。とても愛情深く、仲間や家族をとても大切にしてくれます。しかし、自分ことは後回しにしてしまいがち。蠍座は忍耐強く辛さを表に出さないので、周囲が心と目を配ってあげましょう。

最終更新日:2021年12月9日