獅子座(しし座)の性格は?10の特徴・トリセツ・恋愛観・男女別解説

7/23〜8/22生まれの獅子座(しし座)は、常に高みを目指す努力家。心身のタフさとプライドの高さは12星座の中でもNo.1かもしれません。自分にも他人にも厳しいけど、みんなを笑顔にするのが大好き。そんな獅子座の基本性格と、恋愛観、男女別のトリセツ、向いている仕事などを解説します。

獅子座データ

獅子座の性格特徴

1.自己肯定感が高く自信家

獅子座の人は「やればできる!」と自己肯定感が高く、何事も積極的にチャレンジします。根拠のない自信家ですが、失敗しても「次に活かす!」とポジティブ思考で、良い方向に物事を進める力の持ち主です。

自己肯定感の高さは勉強や仕事だけではなく、人間関係にもプラスに働きます。根底に「自分は皆から愛される存在」という確固たる自信があるため、誰に対しても臆せずコミュニケーションがとれます。とてもまっすぐな性格で、人の言葉を素直にそのまま受け取るのが獅子座の特徴です。

2.目標に向かって全力疾走

明確な目標を掲げ、そこへ向かって全力疾走!仕事はもちろん、毎日の小さなルーティーンでも、ちょっとした目標を立てて取り組みます。例えば「〇時までに準備を終わらせよう」「いつものコーヒーを飲んで集中力を高めるぞ」といった感じです。

また、獅子座は行動力や実現力にも優れています。やるべきことを定めて計画的に遂行して結果を残すので、周囲からの評価も高いでしょう。その代わり、暇で曖昧な環境は苦手。獅子座は忙しい方が生き生きするタイプなのです。

3.意志の強さは鋼並み

自分が決めたことは、誘惑に負けず強い意志でやり遂げるのが獅子座の特徴です。強固な意志は鋼並み。雰囲気や多数派に流されず、自分が決めたら突き進むのみです。必然的に、目標の達成率は高くなります。

獅子座の意志の強さの多くはプラスに働きますが、こだわりを持つと頑固になるので注意が必要です。意志の強さが視野の狭さに繋がらないよう、常に周囲の言葉に耳を傾けた方が良いでしょう。

4.心身ともにタフマン

非情に強固な精神力を持っています。そして、強い精神力に負けない体力もあります。獅子座は心身ともにタフで、逆境に強いです。失敗や挫折を経験すれば落ち込むときもありますが、立ち直りが早く、次成すべきことに重点を置きます。

タフな心身はどのような状況でも強みになりますが、獅子座が自分を普通の基準として考えると、短所に転ずるリスクがあります。自分ができるからと同等のレベルを当たり前のように周囲に求めず、それぞれの個性や得意不得意への鷹揚さが必要です。

5.目立つのが大好きなパフォーマー

自分大好きな獅子座は、注目を集めて目立つのも大好きです。持ち前の積極性で率先して前に立ち、みんなを楽しませようとします。みんなが笑顔になると嬉しくなるのが獅子座です。たまに滑るのはご愛敬。獅子座は生まれながらのパフォーマーです。

ただし、おだてに弱く調子に乗り過ぎるのがたまに傷。周囲が喜んでくれるのが嬉しくて羽目を外すと、「しつこいな…」と面倒臭がられてしまうので注意しましょう。

6.自分にも他人にも厳しい成果主義

獅子座は結果が全ての成果主義です。努力を惜しまず自分に厳しい分、他人にも厳しくなってしまいます。100%の努力は獅子座にとって当たり前です。その上で成果を出して初めて価値を見出します。そのため、失敗した人には「努力が足りない」と厳しく、努力しても成果がなければ「やり方に問題があるのでは」とダメ出ししがちです。

厳しさに優しさや熱意が加わり、相手との信頼関係が築ければ人を導く良き指導者となるでしょう。しかし、下手をすると追い詰めてしまうため、優しさと思いやりを強く意識した方がいいかもしれません。

7.弱者には冷たい一面あり

向上心が高く、常に努力をして成果を出し万能感を持っているので、獅子座は弱者の気持ちがいまいち理解できません。自分の力を自分で伸ばしてきた自負があり、人を丁寧に育てる意識が薄いのです。

そのため、結果が出せない人、能力が低い人をフォローするのではなく、合理的に切り捨てる冷たい一面があります。「この人はダメだ」と判断すると、静かに背を向けフェードアウト。一度見切りをつけた人に、再び自分のパワーを注ぐのは獅子座にとって稀です。

8.リーダーシップはあるが独裁者になることも…

より高みに上るために弱者を切り捨てるのは、正しい判断かもしれません。人情に流されず結果を求める獅子座は、強いリーダーシップを発揮し、チームを成功に導きます。能力が高く、言動に説得力があり、強いカリスマ性を持っています。

だからこそ、独裁者となるリスクがあるので気を付けなければなりません。獅子座に従うだけで、自分の意見や本心を打ち明けられない人ばかりだと独裁的になりがちです。すると、チームワークが乱れ、獅子座は孤独感の中でリーダーシップをとらなければならず、強いストレスを受けて攻撃的になってしまいます。

9.プライドが高くナイーブ

折れない意志と目標へ突き進む行動力は、「自分ならできる。できないはずがない」という高いプライドに支えられています。プライドの高さは獅子座の原動力。常に高みを目指すのは、その場こそ自分に相応しいという思いがあるからです。

しかし、プライドが高いゆえに、傷つきやすくナイーブです。賞賛されれば嬉しくてやる気が溢れますが、貶されると「何が悪かったのか…」と一人反省会が始まったり、「自分は理解者に恵まれない」と環境を悲観したりする傾向が強くなります。獅子座は意外と周囲からの評価にとても敏感なんです。

10.弱音を吐けずストレスを溜めやすい

獅子座はプライドが高いため、弱い自分を人に見せられません。辛くても苦しくても、弱音も吐かずに頑張ってしまいます。心身ともにタフなので、自力で這い上がるケースがほとんどです。しかし、乗り越えられない高い壁にぶつかると、それでも周囲に助けを求められず、行き詰ってしまいます。

日常的にもストレスを溜めやすいのが特徴で、手抜きが下手で常に全力。可能な限り自分の力だけでやり遂げようとするのが獅子座です。本音が言える仲間に恵まれないと、強い孤独感に苛まれて、病むリスクが高まります。

獅子座男性の特徴・トリセツ

獅子座の男性には、以下のような特徴があります。

・明るくて元気いっぱいで賑やか
・盛り上げ上手なムードメーカー
・寂しがり屋で孤独に弱い
・負けず嫌いな努力家
・プライドが高く承認欲求が強い

獅子座の男性は、学生時代はクラスの中心になって盛り上げていたタイプです。明るくて活発で、場の雰囲気を明るくしてくれます。そのため、飲み会など集まりに声をかけられる機会が多く、広い交友関係を持っています。みんなでワイワイするのが好きな寂しがり屋さん。放置されると孤独に震えてしまいます。

しかし単なるお調子者ではなく、負けず嫌いなので努力を積み重ねて結果を出します。獅子座の男性は人柄も能力も高く、周囲から一目置かれる存在です。期待されるとやる気が出て、更に頑張ってくれますが、その分承認欲求が強く、周囲の反応が薄いと不満を募らせるので気を付けなければなりません。プライドが高く思わぬ地雷を持っているので、獅子座の男性に対しては丁寧に扱いましょう。

獅子座女性の特徴・トリセツ

獅子座の女性には、以下のような特徴があります。

・華やかでコミュ力が高く人気者
・懐が広く細かいことにはこだわらない
・義理堅く困った人を放っておけない
・理想が高く自分を磨く努力を惜しまない
・男性には意外と手厳しい

獅子座の女性にはいるだけで場が明るくなるような華やかさがあります。気遣いができコミュ力が高く、人を選ばず付き合うので誰からも好かれる人気者です。見た目の女性らしさに反し、心は男前。義理人情に厚く困った人を放っておけません。

他人に対しては思いやりがあり、細かいことにはこだわらない大らかさがありますが、自分には厳しいのが獅子座の女性の特徴です。高い理想を持ち、常に自分を磨いています。そんな獅子座の女性が好きになるのは、やはり自分と同じように努力して結果を出す男性です。人付き合いは丁寧ですが、恋愛対象として見た場合、男性にはかなり手厳しくなります。

獅子座の恋愛傾向

1.モテるため異性の扱いが上手

明るくて積極的で、しかも花がある獅子座はモテるタイプ。黙っていても異性の方から近づいてきます。誘われるのも日常茶判事。異性とのコミュニケーションに慣れているので、緊張せず自然体です。

注目を浴びるのも好きなので、異性からの好意的な視線も喜んで受け止めます。また獅子座はサービス精神も旺盛で、異性を喜ばせては「もしかして、自分に好意がある!?」と思わせつつ、一線はしっかり引いて、絶妙の距離感で上手に扱う小悪魔です。

2.理想が高く妥協しないタイプ

獅子座の向上心の高さは恋愛にも当てはまります。異性への理想が高いので、万人が素敵だと思うハイレベルな人を好きになる傾向が強いです。少々無理目の相手でも妥協せず、自分を磨いてアプローチします。目指すのは相思相愛の恋人関係。好きな人からの誘いでも、自分が浮気相手になることはありません。

また、相手からの告白の返事も妥協しないのが特徴です。告白にOKするのは、恋人の理想ラインを合格している相手のみ。「とりあえず」「お試しで」という考え方は獅子座にありません。交友関係は広いですが、恋愛には慎重なのです。

3.好きな人には積極的な肉食系

受け身の恋愛には慎重ですが、好きな人ができると積極的になるのが獅子座。「好きな人と付き合いたい」という明確な目標ができるため、具体的な行動を起こす肉食系に変身するのです。

と言っても、ガツガツと誘うだけの肉食系ではありません。「どうすれば相思相愛になれるか」を分析し、自分なりの効果的な方法を考えて実行します。好きな人の好みや習慣等の情報収集のため、本人だけではなく周囲の人にもさりげなく聞き込みする知能犯です。

4.ドラマチックな展開が大好き

獅子座は恋愛ではドラマを求めます。平和で淡々とした穏やかな恋愛よりも、駆け引きがあったり、時には衝突したりしながら、強い絆で結ばれるような、ドラマチックな展開が大好きです。

好きな人と相思相愛になれれば嬉しいですが、あまりにも順調に交際まで進み、波風立たない付き合いだと物足りなさを感じてしまうことも…。獅子座はロマンチックな雰囲気も大好きなため、デートもワンパターンではなく、さまざまなプランや場所を好みます。マンネリ化は別れの原因になります。

5.本気の相手にはとことん一途

モテキャラで積極的な獅子座は恋多き波乱万丈なイメージがありますが、本気の相手にはとことん一途です。恋人のために自分を磨き、楽しい時間を過ごせるよう工夫と努力を惜しみません。社交的なので誤解されやすいですが、恋人だけを愛するので浮気のリスクも低いです。

高い理想を追求し、妥協せず選んだ恋人に相応しくあり続けるために頑張るので、獅子座と付き合うと周囲からも憧れの眼差しを向けられる素敵なカップルになることが多いです。

獅子座にアプローチするなら

恋愛の理想が高く、それに相応しい自分であろうと努力する獅子座へのアプローチは、当然相当な努力が必要です。社交的なので親しくなるのは難しくありませんが、恋愛対象として見てもらうまでが大変です。まずは、外見も内面も磨き、獅子座の射程距離に入ることから始めましょう。

「恋愛対象として考えて良いかも…」というレベルに達するまでは、親しい同僚や友人のポジションを確保しつつ、誉めたり共感したりしながら獅子座に花を持たせるのがポイント。一緒にいて楽しい気分になれれば、獅子座もあなたに興味を持ち始めます。

デートの誘いは、あまり構えず気軽に声をかけると良いでしょう。獅子座は誘われ慣れているので、魅力的な誘いならば応じてくれます。相手の好みと流行をしっかり押さえて、充実したプランを提案しましょう。

獅子座は恋愛にドラマを求めるので、駆け引きやロマンチックな演出は効果的。お金と手間をかけて、獅子座のハートをガッチリ掴みましょう。意外と「運命」という言葉に弱いので、勝負時に使ってみるのもおすすめです。

獅子座の結婚観

恋愛以上に慎重な姿勢を見せるのが結婚です。恋愛感情だけでは結婚を決断できません。生活を前提とし、相手の将来性や収入、ステータスなど、総合的に見極めようとします。自立した精神の持ち主なので、結婚後も自分らしくいられるかどうかも、獅子座にとっては重要な判断材料です。

好きになると肉食系になる獅子座ですが、結婚は考え過ぎて決断がなかなかできません。ここぞという場面で優柔不断さを見せ、最終的には相手から押し切られる形で結婚するケースも…。

どのような形であっても、結婚すると家庭を大切にします。家族のために一生懸命がんばり、愛情いっぱいの家庭を築くでしょう。しかし、「家族さえいえれば何もいらない」とはなりません。引き続き自分も大切にします。基本は家族で過ごしつつ、各自別行動の時間も必要なのが獅子座の結婚観です。

獅子座に向いている仕事

明確な目標に向かって計画的に行動できる獅子座は、自分の努力が結果につながる仕事が向いています。営業やサービス業の店長など、成果が収入に直結する仕事は遣り甲斐を持って取り組めるでしょう。また、自分の能力で勝負する企業家やフリーランスも向いています。

プライドと承認欲求を満たすなら、芸能やファッション系など、華やかな業界が良いでしょう。変化の激しい世界なので、飽きることなく仕事に打ち込めます。獅子座のリーダーシップを活かすなら、教師やインストラクターなど人前に立つ仕事も良いでしょう。

子供のころからの夢があるなら、実現を目指すのもおすすめです。どんな職種でも、自分から「やりたい!」と思ったことなら、やり抜く力を持っています。収入や社会地位の高さも大切ですが、遣り甲斐、生き甲斐の感じられる仕事を選んだ方が、幸福感を持ちつつ打ち込めるでしょう。

ダイナミックな努力家、それこそが獅子座!

努力家で自信家な獅子座は、言動がとてもダイナミック。派手なだけではなく、結果をしっかり出すので、周囲からの評価も高いです。とても頑張り屋さんですが、しんどくても手を抜けないので、限界に気付かず倒れてしまうかも。意識的に休息を入れつつ、健康には充分配慮するとよさそうですね。

最終更新日:2021年9月29日